スキンケア配合成分


最先端テクノロジーの凝縮化粧品成分一覧

幹細胞コスメと従来コスメとの比較

世界の最先端技術[ステムセル ヒト由来幹細胞、EGF FGF、オシリフト、フラーレン、シンエイク]を結集したMade in Japan(メイド・イン・ジャパン) プラズマVシリーズに配合されている高品質化粧品原料を紹介しております。
プラズマVセラミストについて プラズマVゲルクリームについて

下記の3つの最先端技術をクリックすると説明がご覧いただけます。

凍結真空乾燥法 / ドラッグ・デリバリー・システム / ナノソーム


フリーズドライ 凍結真空乾燥法(フリーズドライ)とは?

凍結真空乾燥法(フリーズドライ法)は、約50年程前に主に食品を保存する技術として開発されました。この技術は、凍結した食品に対して減圧し、真空状態にして熱を伝えることで食品中の水分を昇華させる乾燥技術です。

凍結真空乾燥した食品は、原形がそのまま保持され、色や味などの変化が起こりにくいという特徴があります。さらに、氷の結晶部分が微細な空洞として残るので、水分を加えると、この微細な空洞に水分が浸み込み、水に戻した場合の復元性・再現性が良いなどの多くのメリットがあります。

美容液の場合、食品とは異なり複数の成分を配合しているため、最も効率よく凍結させる温度帯や時間を見つけ出すのが難しいこともあって化粧品への応用は進んでいませんでした。 しかしながら、当社では独自の熟練した技術と経験を生かし、化粧品のフリーズドライ加工を実現いたしました。

・防腐剤完全無添加美容液の長期間保存が可能

防腐剤を一切含まない完全無添加の配合成分は、液体の状態では長期間保存することができないため、凍結乾燥の状態にすることで、使用する直前まで鮮度を保つことが可能になります。

・美容成分をお肌に最も効果的な方法で与える

注目の原料であるEGFなどの美容成分は、液体の状態ではすぐに変性してしまいます。また、アルコールや防腐剤に長い間触れると、有効成分が持つお肌への効果が低下してしまいます。そこで、凍結乾燥状態にすることで、美容成分の変性・効果の低減を防止することが可能となります。

・お肌にフレッシュな成分を与える

新鮮なフルーツを口にしたときのような瑞々しさをお肌にも手軽に与えたい。

無添加 ≠ 「防腐剤完全無添加」

この独自のフリーズドライ法により、無添加ではなく、「防腐剤完全無添加」を実現。大切なお肌に直接触れるものだからこそ、熟練したスタッフのオペレーションのもと、その多くの過程を手作業でおこなっています。さらに、当社の製造工場では厳重に管理されたフリーズドライ専用のクリーンルームを新設。また、施設の空調や使用する機器には徹底した衛生管理を施し、細心の注意を払って製造しています。

▲ページ上に戻る


ドラッグ・デリバリー・システム ドラッグ・デリバリー・システム(DDS)とは?

ドラッグ・デリバリー・システム

京都大学再生医療研究所 田端教授が発明・特許化したDDSの基礎テクノロジーを利用し、化粧品へと応用開発・製品化に成功いたしました。

・生理活性物質の安定化(生体吸収ハイドロゲル)

ハイドロゲルとは、ゼラチンを特殊加工したもので、医療分野においても薬の徐放に使用されるなど、安全性の認められた物質です。このハイドロゲルにグロースファクターのような生理活性物質を加えると分子間の相互作用により安定化し、さらに徐々に放出(徐放)させることができます。

・生理活性物質の徐放化

ハイドロゲルにグロースファクターを浸み込ませると、分子相互作用によりグロースファクターがゼラチンにくっつきます。グロースファクターが浸み込んだハイドロゲルが、皮膚表面に長時間とどまるための、グロースファクターの皮膚内への吸収が可能になり、高まります。肌内部に浸透すると、ハイドロゲルの分解が始まり、水不容化だったゼラチン分子が水可容化の状態になります。ハイドロゲルの分解にともなって、グロースファクターが肌細胞に必要な量を必要な時間だけじわじわと放出していきます。


ナノソーム ナノソームとは?

ナノソーム

単一の有効成分ではなく、複数の有効成分のナノカプセル化を実現。

・最新のカプセル化技術「ナノソーム」

新しいカプセル化技術「ナノソーム」により、EGF・FGF・KGFといった不安定な成分も安定させ、近年、一般化しつつあるカプセル化技術「リポソー ム」よりも高い浸透力を実現しました。

・リポソームとナノソームの違い

リポソームとナノソーム

・ナノソームのメリット

浸透効率の向上

表皮(角質層)に対する浸透力が強く、有効成分を表皮の下部にまで届けることが可能。

皮膚への刺激性低下

ハイドロキノン等の皮膚刺激性のある有効成分がカプセル化されることで、その刺激性が激減。

有効成分の安定化向上

皮膚上及び生体内で有効成分が分解するのを防ぎ、さらに理想的な濃度で長時間保持され、効果を長時間持続させることが可能。


▼ ▼ スキンケア商品はこちら
スキンケア


▲ページ上に戻る


下記の7つの成分名をクリックすると説明がご覧いただけます。

ヒト幹細胞培養液

オシリフト® / FGF / フラーレン®

シンエイク / 植物プラセンタ / サクシニルアテロ コラーゲン


オシリフト ヒト幹細胞培養液

幹細胞培養液成分とは、幹細胞が分泌する生理的活性を持つペプチドを精製した成分です。ペプチドは私たちの体を構成するアミノ酸が複雑に結合したもので、アレルギー反応の心配がなく安全であることから、様々な分野に活用が広まっています。

例えば歯髄幹細胞培養液を使った骨髄損傷の再生や、ヒト脂肪幹細胞培養液を使った美肌再生治療、頭髪再生治療などに活用が広がっています。

幹細胞には3つの種類があります。

・ヒト由来

・動物由来

・植物由来

今最も注目されているのはヒト脂肪幹細胞培養液です。今まではクリニック等の注射などで70~150万かかっていた幹細胞によるアンチエイジングが、技術進歩と生産技術の向上で化粧品として登場するようになりました。

ヒト脂肪幹細胞培養液には様々な成長因子や酵素、SOD、コラーゲンやヒアルロン酸等、細胞外マトリックス成分が豊富に含まれており、シワ改善効果や美白効果、抗酸化作用、発毛・増毛効果等、様々な生理的活性効果が研究報告されています。

TGF-β(ヒアルロン生産を促進する成長因子)より優れたヒアルロン酸生成促進効果が高いことが確認されております。

▲ページ上に戻る


▼ ▼ スキンケア商品はこちら
スキンケア


オシリフト オシリフト®高配合

オシリフト®は、カラスムギの種子から抽出され、ポリオース(高分子の糖)に富んだ機能性原料でカラスムギ穀粒エキスと呼ばれます。即効的ハリ感(テンサー効果)、リフティング、なめらかさ改善、抗シワ、メイクアップの肌持ちなどの改善作用があります。

ポリオースの分子間の水素結合により皮膚の表面に形成されたフィルムが、皮膚の細胞間脂質との結合により皮膚を持ち上げ、即効的なハリ感をもたらします。

▲ページ上に戻る


▼ ▼ スキンケア商品はこちら
スキンケア


ノーベル賞成分配合 FGF(繊維芽細胞増殖因子)配合

EGFとFGFの働きの違い

FGFとは「Fibroblast Growth Factor」(線維芽細胞増殖因子)とも呼ばれ、EGF「Epidermal Growth Factor」(上皮細胞増殖因子)と同じく、ヒトの体内で作られるたんぱく質の一種です。

さらに、一口にFGFといっても、実は細かく23種類にも分けられており、働きかける体の部位によって少しずつ種類が異なってきます。スキンケアなどで使用されるのは23種類のFGFファミリーのうち、主に「FGF-1」という成分です。

このFGFも、年齢を重ねるとともに体内での生成・分泌が減少してしまいますが、EGFと同じく、直接肌に塗ることで補給することが可能です。

EGFもFGFも、その主な働きは、細胞に働きかけてその成長と増殖を促すこと。しかし、EGFとFGFとでは働きかける場所が異なってきます。

EGFは、肌の表面に働きかけ、ターンオーバーを促進し、表皮の充実、弾力、キメなどを整えます。

FGFは、それに対し、肌の深くに到達して、コラーゲンを作り出す繊維芽細胞を刺激し、真皮の充実、ハリ、ツヤ、シワ、透明感を作り出します。

どちらも肌を若返らせ、そのハリや潤いを守るのに必要な成分なので、EGFとFGFを上手く組み合わせて使用することによって、さらなる相乗効果が期待できると言えます。

▲ページ上に戻る


▼ ▼ スキンケア商品はこちら
スキンケア


ノーベル賞成分配合 ノーベル賞成分 フラーレン配合

老化の原因の活性酸素をシャットアウトのノーベル賞受賞成分。

EGFとFGFの働きの違い

抗酸化力はビタミンCの172倍といわれるフラーレン。 フラーレンは、ダイヤモンドと同じ炭素の同素体で、星間物質の研究から偶然発見されたノーベル賞を受賞成分です。

フラーレンは、「活性酸素除去」「老化防止」「シワの抑制」「還元漂白作用」「脂肪細胞貯蓄抑制」「紫外線防御」「毛穴引き締め」に作用がある成分です。

▲ページ上に戻る


▼ ▼ スキンケア商品はこちら
スキンケア


シンエイク配合 スイス・テクノロジーアワード受賞成分「シンエイク」高配合

セレブに話題の抗シワ、抗たるみのスイス・テクノロジーアワード受賞成分。

TVで紹介されていましたが、ある実験結果によると10分で効果があらわれ、1カ月後にはシワが52%も減少したという結果がでているそうです。

この蛇の毒からできた化粧品成分は『シンエイク』といい、スイスの専門会社ペンタファーム社が、
アンチエイジング用の化粧品原料を開発し、2006年にスイステクノロジー賞にノミネートされました。

蛇毒クリーム(シンエイク)の仕組みは、筋肉の緊張を弛緩させほぐすことによって凝り固まったシワを伸ばすということです。
この効果を利用したのがシワ解消のボトックス注射による小顔効果で、筋弛緩させることによって筋肉の萎縮が起き、その結果、顔筋が小さくなるのを狙ったものです。

正式成分名は「ジ酢酸ジペプチドジアミノプチロイルベンジルアミド」と言います。

シンエイクの効果

▲ページ上に戻る


▼ ▼ スキンケア商品はこちら
スキンケア


植物プラセンタ プラセンタ

植物プラセンタの働き

プラセンタは胎盤のことですが、実は種類がありますが、大きく分けて3つに分類されます。

・動物性プラセンタ

動物性プラセンタのほとんどは、豚由来、馬由来、羊由来になります。
サプリメントやドリンク、化粧品や注射など摂取方法もいろいろです。人由来のプラセンタもありますが、これは主に医療分野で使用されています。

・海洋性プラセンタ

海洋性という名前からも想像できるように、海の生き物から採取します。
主に魚由来になりますが、魚には胎盤がありません。
しかし魚の卵巣膜には、プラセンタと良く似た成分が含まれています。
動物性のプラセンタに抵抗を持つ人が、海洋性のプラセンタを好む傾向があります。

植物プラセンタの成分

・植物性プラセンタ

海洋性のプラセンタと同じように、植物にも胎盤はありません。
この場合は[ライ麦]などの芽が出る部分の胚芽から抽出したものを、植物性のプラセンタとしています。
動物性や海洋性のプラセンタに比べて、クセも少なく農薬や有害物質などのリスクも低いことから
より安全性の高いものをと考える人に好まれています。
動物由来や魚由来のプラセンタと比べても、アミノ酸やコラーゲンなど
美容に欠かせない成分が豊富に含まれます。
植物性のプラセンタのメリットとして、大豆由来のプラセンタには女性ホルモンとよく似た働きをする
イソフラボンが豊富に含まれます。

植物プラセンタは美白に効果的と言われています。

メラニン生成抑制の効力があり、アミノ酸やミネラル類を豊富に含むことから美肌美白効果をもたらします。

▲ページ上に戻る


▼ ▼ スキンケア商品はこちら
スキンケア


海洋コラーゲン サクシニルアテロ コラーゲン

コラーゲンはお肌の真皮を構成する成分で“ハリ”や“弾力”に大きく関係しています。そのため現在多くの化粧品に配合されています。

サクシニルアテロコラーゲンはコラーゲンの一種です。また同じようなコラーゲンの種類としてアテロコラーゲンがありますが、これはアレルゲンとなる可能性のあるテロペプチドを取り除く、アテロ処理をしたコラーゲンですが、サクシニルアテロコラーゲンは、このアテロコラーゲンをさらに加工して、側鎖アミノ基をサクシニル化してコラーゲン同士が固まりにくくしたもので、アテロコラーゲンのヴァージョンアップということもできます。

ですから安全性も高くその効果も高いということでコラーゲンのなかでは最高級のコラーゲンとされます。

サクシニルアテロ コラーゲン


▼ ▼ スキンケア商品はこちら
スキンケア

▲ページ上に戻る